神戸市上海事務所

  HOME > 神戸港を知る > 国際航路
サイト内検索

 神戸港には北米、欧州ならびに中国、東南アジア航路など数多くの航路が就航しており、航路数で約80、月間約330の便数が寄港し、世界130余りの国々、500余りの港とネットワークを形成しています。

■国際コンテナ航路網 

航路 航路数 月間寄港便数
北米西岸 4 16
北米/欧州 2 8
欧州・地中海 2 8
東南アジア 31 124
中国 29 112
韓国 9 40
その他 2 6
合計 77 314

① 西日本の産業と国際物流を支えるゲートポートとして、機能維持(基幹航路の維持・拡大)
② 釜山港等東アジア主要港湾と対峙できる港湾サービスを確保し、国内ハブ機能再構築
③ 基幹航路の拡大に向けた取扱貨物量を確保、東アジアの国際ハブポートとして機能。

① 民の視点から阪神港のコンテナターミナル全体を一元的に経営する港湾経営主体の確立
② 集荷機能の強化(阪神港でのみ可能な定期内航フィーダー網の再構築)
③ 産業の立地促進による創荷。
 一方、一昨年度より、東アジアの主要港では国策として様々な集荷強化の取り組みがなされており、近年、日本に寄港する基幹航路が年々減少するなど国際ハブ港湾としての地位が低下している状況となっております。
 そこで、神戸港は阪神港として、日本の港湾の海外フィーダー化を阻止し貨物を奪還するとともに、国際ハブ港としての機能強化を図るために、日本国政府の政策である「国際コンテナ戦略港湾」に選定されるよう取り組んだ結果、2010年8月に選定されました。計画案では阪神港として今後の集荷目標貨物量を示しています。現状では外貿コンテナ取扱量は400万TEUですが、今後、2020年にむけて、国際ハブ港としての機能強化を図ることにより、590万TEUを達成してまいりたいと考えております。

 神戸港に寄港している中国コンテナ航路は、国際フェリーを含めまして現在、32航路・週126便就航しております。

神戸~中国間に就航して航路(フェリー含む)(平成27年4月現在)

  運航社 サービス名 寄港地
1 CCL SJX1&SJX3 神戸(火)-泉北-上海-東京-横浜-上海-大阪-神戸(火)
2 Chinjif(国際フェリー) Shanghai 神戸(月/火)-上海-大阪(月/火)-上海-神戸(月/火)
3 COSCO CJ32 神戸(火/水)-威海-煙台-大阪-神戸(火/水)
4 Goto SKS 神戸(火)-上海-大阪-神戸(火)
5 Goto XKTN 神戸(水/木)-東京-横浜-名古屋-煙台-新港-大連-大阪-神戸(水/木)
6 HASCO S2 神戸(金)-太倉-上海-大阪-神戸(金)
7 HASCO S6 神戸(火)-太倉-上海-大阪-神戸(火)
8 HASCO/SITC S7 神戸(水/木)-松山-上海-大阪-神戸(水/木)
9 MSC ORIGAMI EXPRESS 神戸(日)-名古屋-四日市-御前崎-横浜-博多-光陽-寧波-神戸(日)
10 Ningbo Ocean NOK 神戸(土)-大阪-寧波-神戸(土)
11 Ningbo Ocean NOK2 神戸(火)-寧波-大阪-神戸(火)
12 Pan-A SKS2 神戸(木/金)-徳山-上海-大阪-神戸(木/金)
13 Puhai JQ21 神戸(火)-連雲港-青島-大阪-神戸(火)
14 Puhai SKS7 神戸(火)-上海-大阪-神戸(火)
15 Sinotrans Nanjing/Zhangjiagang/Nantong 神戸(水)-名古屋-横浜-東京-南京-張家港-南通-大阪-神戸(水)
16 Sinotrans SKS6 神戸(月/火)-上海-大阪-神戸(月/火)
17 Sinotrans/SITC NCKS1&NCKS2 神戸(火/水)-大連-大阪-神戸(火)-新港-大阪-神戸(火/水)
18 SITC PBT1/TKS 神戸(金)-東京-横浜-釜山-新港-大連-名古屋-四日市-東京-横浜-石島-青島-大阪-神戸(金)
19 SITC PBT2/PST2 神戸(土/日)-大連-秦皇島-新港-煙台-東京-横浜-名古屋-太倉-上海-名古屋-東京-清水-名古屋-神戸(土/日)
20 SITC REX-S 神戸(火)-連雲港-青島-大阪-神戸(火)
21 SJJ Hanshin Shuttle Express 1 神戸(火)-上海-大阪-神戸(火)
22 SJJ Hanshin Shuttle Express 2 神戸(水)-上海-大阪-神戸(水)
23 SJJ Hanshin Shuttle Express 3 神戸(金)-上海-大阪-神戸(金)
24 SJJ/CCL Kansai Qindao Shuttle Express 神戸(火/水)-青島-東京-横浜-青島-大阪-神戸(火/水)
25 T.S.Lines SJX-1&SJX-2 神戸(金/土)-上海-東京-横浜-上海-大阪-神戸(金/土)
26 TCLC TKD1&TKD2 神戸(火)-舟山-太倉-大阪-神戸(月)-東京-横浜-名古屋-太倉-名古屋-東京-横浜-大阪-神戸(火)
27 TCLC TKX2 神戸(金)-太倉-大阪-神戸(金)

中国に寄港する基幹航路

1 APL/HL/Hyundai/MOL/ NYK/OOCL/Zim NP3 神戸-青島-寧波-上海-釜山-Vancouver-Tacoma-Vancouver-東京-名古屋-神戸
2 KL/MOL NOWCO-A/PN1 神戸-高雄-厦門-香港-塩田-名古屋-東京-Tacoma-Vancouver-東京-名古屋-神戸
3 APL/HL/Hyundai/ NYK/OOCL PA1 神戸-名古屋-東京-Tacoma-Vancouver-Oakland-Los Angeles-Balboa-Manzanillo de Panama-Savannah-Norfolk-New York-Halifax-Southampton-Antwerp-Bremerhaven-Rotterdam-Halifax-New York-Norfolk-Savannah-Manzanillo de Panama-Los Angeles-Oakland-横浜-上海-釜山-神戸
4 Maersk AE1 神戸-名古屋-横浜-寧波-上海-香港-塩田-Tanjung Pelepas-Colombo-Felixstowe-Rotterdam-Bremerhaven-Gothenburg-Wilhelmshaven-Bremerhaven-Rotterdam-Le Havre-Colombo-Tanjung Pelepas-Singapore-香港-塩田-神戸
5 Cosco/Hsud/HL/MOL/NYK JKN/NZJ/ANZL/ANZ/CNZ 神戸-釜山-上海-塩田-香港-Brisbane-Auckland-Lyttelton-Napier-Tauranga-東京-神戸

 神戸と中国には現在、上海と神戸とを結ぶ新鑑真号が週1便運航されています。神戸港においてホットデリバリーサービス(HDS)を実施しており、神戸港入港後、迅速な貨物の引取が可能となっております。アパレル等のスピードを必要としている荷主様から好評をいただいております。

 神戸港の外貿コンテナ貨物のうち、中国貨物は最大のシェアを持っています。
 2010年累計で中国がコンテナ貨物全体の約4割を占め第1位となっています。さらに、港別では、上海港が約3割を占めシェア第1位となっており、神戸港にとって上海港はもっとも取扱貨物量の多い港となっています。
ページの先頭へ
上海市延安西路2201号上海国际贸易中心1709室 Tel:86-21-6360-6536 Fax:86-21-6360-6627
2008-2009©PORT of KOBE All Copyrights Rreserved