神戸市上海事務所では上海の企業を中心に神戸倶楽部を運営しております。

  HOME > 神戸を楽しむ > 有馬温泉
サイト内検索

神戸を楽しむ一覧へ

 三宮から電車で約40分、車で30分。神戸の奥座敷・有馬温泉は、道後、白浜と並んで日本三古泉の一つに数えられる。歴史上の人物も数多く有馬を訪れていますが、中でも有馬の三恩人と言われるのが、行基(ぎょうぎ)菩薩と仁西(にんさい)上人、そして太閤秀吉。温泉寺や太閤の湯殿館などゆかりのスポットも点在します。
 有馬の湯は、鉄分と塩分をふんだんに含む赤湯と呼ばれる“金泉”と、ラジウム泉や炭酸泉と呼ばれる無色透明の“銀泉”の2つ。このように泉質の異なる2つの温泉が楽しめるのは有馬ならでは。また、歴史を誇る寺町界隈や湯本坂では、温泉情緒を味わいながらそぞろ歩きが楽しめます。炭酸泉べいや竹細工、人形筆などのお店、金泉,銀泉の泉源、金泉を使った外湯「金の湯」や銀泉を使った外湯「銀の湯」や「有馬の工房」など、体験ができるスポットがいっぱいです。
 四季折々の自然を訪ねるのも、有馬散策の楽しみ。瑞宝寺公園や鼓ヶ滝公園は、秋の紅葉を始め、訪れるたびに美しい表情を見せてくれます。

太閤湯殿館
金の湯
銀の湯
上海市延安西路2201号上海国际贸易中心1709室 Tel:86-21-6360-6536 Fax:86-21-6360-6627
2008-2009©PORT of KOBE All Copyrights Rreserved